三方湖の梅林 2月22日

陽の差す好天が続いている さぞかし梅もほころんでいるのでは、と探梅へ 梅林 剪定した枝は燃やしてしまうのだそうです 梅林越しに梅丈岳を見たかったのですが此れくらい(中央) 公園でコーヒータイム ここでゆったりと過ごしました 五湖周辺マップ 水面に目を落…
コメント:0

続きを読むread more

野坂岳 2月20日

バリバリ凍て付く車の走る音を耳にして起床、 絶好の山日和となりました 登山者が次々やって来る山頂 そこから見降ろす美浜の海 憩いの森へ車を止める Ⅿさんは第一駐車場に止めて来たとの事 此れより登山口へ 福井のお二人に声をかけて頂き、嬉しい限りです なんでも「大野の山で出会った事がある」旨で名をハスキーさん 杉…
コメント:2

続きを読むread more

中池見・天筒山 2月13日

春を告げるマンサクが咲き始めました 駐車場 後方新幹線工事 中池見入口 先だって、雪原だった中池見湿地は雪がすっかり解け春を待つ如 オウレンも又咲き出しました わくわく山より見る岩籠山 野坂岳 真下の湿地帯 天筒山へ向かう外国言語の方々 咲き始めのようなマンサ…
コメント:2

続きを読むread more

三里山 2月11日

激しい雷雨の一夜が明けて、空は青空上天気。 祭日でもあり混雑が予測される所は敬遠して南三里山へ 薄墨桜コース入口 道を塞いでいる倒木、ありったけの力を振り絞って片付ける 孫桜 「樹齢は420年」説明書より びしょびしょに濡れた草々の中に交じってリュウノヒゲや フユイチゴが目に止まる 登山道に残…
コメント:2

続きを読むread more

旗護山 2月5日 

日が差し込んでいる今朝の窓辺、 こんな日は山で存分に陽を浴びて過ごしたい 旗護山の鉄塔広場はそんな時に恰好の場。 そこから見る常神半島 鉄塔巡視路を辿ります フユイチゴ 関峠からの入口 一つ目の鉄塔から 左に見る野坂岳 右に見える山は特定できず 行けども雪が見られず 人工林の自然淘汰…
コメント:4

続きを読むread more

中池見湿地 1月31日 

お天気もいいことだし中池見へ。 雪原に行ってみると思いがけない展開が待っていてくれました 中池見湿地の標識越しに見える新幹線工事 駐車場 新幹線工事は遅々として進まず 昨年のコブシの実と新芽が同居する 入口 クチベニタケ あっ⁉だれ 身のこなしがイタチくん…
コメント:0

続きを読むread more

鬼ケ岳 1月26日

そうだ、雪の鬼ケ岳へいこう!! 一昨年の一月以来の鬼、その記憶があるだけに 今年はどんな鬼が現れるのやら 駐車場に着くときれいに除雪されている 一文字違いのUさんがいて二言三言交して登山口へ トンネル状になった所を潜る 小鬼休憩所から 日野山 第二ベンチから 荒島岳や …
コメント:4

続きを読むread more

西方ケ岳 1月21日

またとない冬晴れの日、ポカポカ陽を受けて 近くの雪の山で過ごしたいと選んだ西方ケ岳 目の前の樹影が波のうねりの如ドラマチックに描かれていました 初詣の参道にあれだけあった雪は今 常宮神社本殿にお詣り 標識の矢印に従うと すぐに登山口 雪径に足跡の形跡は見られず 奥の院展望所 雪道の真中に …
コメント:2

続きを読むread more

野坂岳 1月15日

年末は冬道が出来ていて思いの外積雪があった野坂岳 それが今回はさらに増えていて一の岳などの標識がすっぽり雪の中 山頂の方位盤もこの通り 後方は岩籠山 登山口の駐車場までは車が入れず憩いの森の路肩へ駐車 此れより登山口へ 登山口に野坂嶽権現由来書 「宗福寺に権現像が安置されていて山開きの日、山頂に祀る」旨 …
コメント:2

続きを読むread more

敦賀半島周回 1月5日

敦賀半島突端に位置する立石岬灯台 敦賀半島を一周出来るようになったとかで、 年明けの始めに行って見る事にしました 先ず気比の松原へ 後方西方ケ岳 今年も常宮神社で初詣 本殿 国宝新羅鐘 境内ではロウバイや 早くもコウバイが咲く マンリョウ 椎木にツバキが寄生 ムクロ…
コメント:4

続きを読むread more

野坂岳 12月29日

平地ではさほど降らなかった雪。 山へ来て見れば冬道が出来ているほどに積もっていました 第一駐車場、憩いの森に車が止まっていたわりに駐車スペースがある 橡ノ木地蔵さんはすっぽり雪の中 お清水の梯子を渡り 足跡を重ねながら横切る 此れより冬道へは行かず夏道へ 敦賀市街や山並みが霞んでいる ここまで(2.…
コメント:2

続きを読むread more

若須岳 12月6日

雲上の白山! 下山時の眼前に現れる。それは恰も絵に描いた様 公民館を過ぎ案内板を右に入る フユイチゴ ゲートを潜ると 竹林の其処ここに コトシダケが青空高くへと伸び上がっている 積もった落ち葉を踏みながら進んで行くと 三角点 斜面の下へとコアジサイ 檜林 第一ベンチを過ぎ第二…
コメント:0

続きを読むread more

野坂岳 12月2日

すっかり葉を落とした山毛欅大樹 落ち葉に影を描き晩秋の趣となってきました 三台だった駐車場は次々埋まって行く 落葉した木々 花仕舞したマツカゼソウが朝露をのせている 橡ノ木地蔵さんに一礼 お清水を過ぎ 梯子を渡った女性が 下山のJさんと談 「カンアオイが咲いている」との事 敦賀市街を眼下…
コメント:2

続きを読むread more

若狭路を行く 11月27日

山裾に点在する集落近くに車を走らせるここは若狭路、古寺を巡ります 若狭明通寺本堂 「国宝鎌倉時代の密教建築」   後方三重塔 「国宝軒の出が深く端正優美な塔」解説書抜粋 先ず三方石観世音 車道にもなっている幅広い参道 川面を流れる落ち葉 コケコッコー 本堂へ 開山した和尚禅師 落葉した…
コメント:2

続きを読むread more

気比の松原 11月24日

松原海岸の一角に密やかに咲くコマツヨイグサ 虚子が訪れた時にも今日のような小春日和だったのだろうと 松林 草紅葉 蔦紅葉 林の中はヒガラや ヤマガラなどが飛び交い 餌を啄んだりして小鳥たちも楽しそう ヤブコウジも小鳥たちの餌になるのか…
コメント:0

続きを読むread more

旗護山 11月22日

関峠より鉄塔巡視路を辿ります ここが旗護山の出発点 シロダモ 敷き詰められた落ち葉を踏みしめながら進む 一つ目の鉄塔から見る野坂岳 路を挟んで反対側に目を転ずれば、はてなあの山は 檜林へ 樹林帯 眺望のよい鉄塔へ寄りみちをして 敦賀湾 三内山 西方ケ…
コメント:0

続きを読むread more

柳ケ瀬山・玄蕃尾城 11月17日

山毛欅林大樹の黄葉、 青空に向かって聳え立つ 玄蕃尾城跡 滋賀県側からの入り口 何の花かと近づいて行けば?花後のよう チャノキ越しに 見る山々 倉坂峠 刀根越の標識 薄緑に淡く黄色の交ざるこんな黄葉も捨てがたい 道を塞ぐ倒木 淡い緑にも目が止まります 先に進んで行くほどに紅葉が現れ…
コメント:2

続きを読むread more

三里山・花筐公園 11月14日

花筐公園の紅葉 昨年より一週間早く訪れて見て・・・ 先ずは南三里山への入り口 フユノハナワラビ ツチグリ アキノキリンソウ 夏草で覆われて藪漕ぎをしていた道が歩きやすくなっている 高くへとツタモミジ 豊作、であっても名の知らぬ茸 尾根に上がり分岐点より三里山を望む コマユミ…
コメント:2

続きを読むread more

足羽山・西山公園 11月11日

西山公園より望む白山 10日余り前に見た初冠雪の時には雪が疎ら状態 ところが今日「ワーォ」白さが際立っていました そうそう足羽山動物園でも「ワーォ」に歓迎されたっけ 足羽山の秋を拾う 遠く荒島岳が! コマユミ アキノキリンソウ ずらずらフユイチゴ サネカズラ センブリは花期が終わっ…
コメント:2

続きを読むread more

我が家の訪問者 11月08日

日曜日、ヒヨの鳴き声で目覚める 早々と朝食の柿を啄んでいる その柿ノ木の下ではキジの君、遠慮したのか直ぐに田圃へと移動 キジの姫がまっている キジの君とキジの姫 午後からの訪問者 ムクドリ 或る日のちょっとした出来事、 嬉しい訪問を受けました
コメント:0

続きを読むread more

丹波岳・広野山 11月5日

丹波岳を訪れた8月、その時にリュウノウギクの葉があったので 花の時期を待って行って見る事にしました 西袋登山口 ツリフネソウの大群生地と シソ科の大群生地 サンインヒキオコシでしょうか? 地区のTさん 昨年は取立山でお会いしました お題目はスルー イヌホオズキ ヒ…
コメント:4

続きを読むread more

中池見湿地 11月3日

先日訪れた三床山のキッコウハグマは花が付いていないものばかり 皆さんからの情報も未だのよう 今年は所謂裏年なのか?と思いつつトボトボ、トボトボ そんな中で小さな小さな唯一のキッコウハグマ(トリミング) 前回見た時よりもセンブリの数が倍位に増えている 青空へ向かってシロダモ …
コメント:0

続きを読むread more

三床山 10月31日

日照り続きですっかり萎れてしまい瀕死の状態だったリュウノウギク それがこんなにも綺麗な状態になって花開く 近頃どうしているかと思っていたYさんと「あらら!」 の出会いもありました ちょうど下山して来た人の駐車スペースが出来て 路肩に止めておいた車を移動 新しいコンクリートの舗装道を進みながら ナンバンギセル …
コメント:2

続きを読むread more

雨生山 10月27日

雨生山の魅力と共にそれを取り巻く 温暖な土地柄から来るのだろう人々の暖かみ、 昨年のご親切も忘れ難く又足が向いてしまいました 中宇利駐車場より出発 風が来て一斉に回り出しそうなエンシュウハグマ サワシロギク 日本百名山を描く旅 山と渓谷社で自費出版されたTさん ちょうどスケッチされていた…
コメント:0

続きを読むread more

中池見湿地 10月25日

今にも雨が落ちて来そうな曇り空。 足元ではセンブリの花が見頃を迎えていました 新幹線の工事、真っ最中 チョウジタデの葉が真っ赤に色づいていて目をひきます ヒレタゴボウも花を閉じ葉が紅葉してきました 何の芽か?気になる芽 径の両側に点々とセンブリ …
コメント:2

続きを読むread more

旗護山 10月20日

ほぼ一か月ぶりの旗護山。群咲くハギに変わって アキチョウジ、アキギリ、アキノキリンソウ等、秋の花の代表が勢揃い リンドウも花開く 林道から山径へ 尾根から敦賀湾を望む 蜘蛛の囲は相変わらず多く閉口する 径すがらの其処ここに目にするコウヤボウキ アキノキリンソウ フユノハナワラビ 赤い実が山路…
コメント:0

続きを読むread more

野坂岳 10月18日

中腹あたりのセンブリがそろそろ見られるようになる頃か と思いつつ駐車場に着くと そこは既に満車状態 早朝登山の人が下りて来る 名前を呼んでくれた方を見るとJさん「日の出登山をしているのだ」と 続いてMさん下山 花の色々談義 アキチョウジ マツカゼソウがまだ咲いている お仕舞かと思っていたトリカブトもま…
コメント:2

続きを読むread more

六所山・小六所山 10月14

アキギリと言えば赤紫。 ところがこれは見た事のない色合いのアキギリ! 海山峠に車を止める 小六山登山口から入る コメナモミ クマザサに連続模様を描いた器用な主は不在 高きにアケビや サルナシが豊かに実る 雀ヶ峠 谷側にある幾つものサラシナショウマを見下ろす タマアジサイ? コ…
コメント:4

続きを読むread more