テーマ:日野山

日野山 3月2日

陽が昇り暖かくなる時間帯を待って行って見ると ミスミソウは見頃をむかえていました 扁額が鳥居の足元にある日野神社に一礼  鉄塔から眼下を眺める 青空とマンサクと 五輪塔板基  5基目は分らず 清水に御わす不動明王様 ホクリクネコノメソウ オウレン ヤブコウジ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日野山 10月21日

此れまで見逃していたのだろうか 足元の小さなセンブリ 日野山のアケボノソウが気になり来て見れば センブリがそれに変わる様に健気に咲いていました 日野神社に拝礼 古道その1を歩く 秋の草花が目白押し ツリフネソウ アキギリ サンインヒキオコシ 焼餅石を過ぎ 石の唐戸へ サラシナシ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日野山 3月27日

日野山のミスミソウを今年も見ておきたいと行って来ました 「何時でも行ける」と後回しにしている内に本当に遅くなり、 それでも奥手が未だありました 荒谷コースをとる ショウジョウバカマ いい香がしてダンコウバイが目に入ります 第一鉄塔 塔板碑五基説明書 不動明王様は清水に御わし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日野山 1月20日

雲行きが怪しくなって来てフロントガラスをポツポツ叩く今庄を通過 中平吹の駐車場に着く頃には雨があがる 日野山登山口 古道を歩く事にする 此処から何時もの登山道へ 重ね歩く道筋の雪が解けて擬木が露出している 焼餅石 石の唐戸 唐戸からこんなにも滔々と流れ落ちる様を見るのは初めての様な気がする …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日野山 12月22日

この冬 まだ訪れていなかった日野山 山頂からの展望は如何だろうか、雪はどの位積もっているだろうか 日野神社中平吹コースを登る 我が家のマンリョウは野鳥からのお届け物 此のマンリョウは如何なんだろう 登山口 王子保小児童作成の案内板に従う 左にとる 擬木の杭が雪に埋まりそうだった 焼餅石 石の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日野山 10月5日

一頃から見るとアケボノソウの数が減って来たような、 今年もその様子を見に行って来ました 日野神社に拝礼して平吹コースをとる アキギリの中に 白花のアキギリ ツルニンジン キンミズヒキ ツリフネソウ 焼餅石を過ぎると ソウシシヨウニンジン 石の唐戸に咲くサラシナショウマ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日野山 3月25日

雪で覆われていたミスミソウの斜面、 あれから2週間が経ちました 日野神社にお参りし 鉄塔に着く 三里山、文殊山を眺める マンサク 青空とマンサクと ダンコウバイ 塔板碑 五基のうちの一つ 林をゆくUさん オウレン ホクリクネコノメソウ コチャルメルソウ 荒谷の分岐 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日野山 3月11日

雪解けに咲いている「雪割草が見たい」と行って来ました マンサクは今が花盛り。赤みを帯びたものも見られました 日野神社 地元の人に日野神社の由来などをお聞きしました 鉄塔の所より見る三里山、文殊山 マンサクがすっかり花開いていました 大寺跡 塔板碑説明書 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日野山 2月4日

立春。まるで暦に合わせたかのような穏やかな日和となりました 今年は初めての日野山、楽しみました 山頂へ山遊会のYさん達 駐車場よりこれから登る日野山を眺める 獣除けの柵を開け入る 焼餅石 石の唐戸 弁慶の三枚切り この辺りから本格的な雪の登山道 古道を歩く 室堂に着く 登り始めて直ぐ追…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

日野山 9月15日

週末からは下り坂の予報 その前に秋めいてきた日野山へ アキチョウジが山路のそこここに咲き初む 日野神社に一礼をして中平吹コースをとる 秋草の中を進む 足元にはフジカンゾウやアキギリが咲く 左へとる 焼餅石の辺りより ヤマジノホトトギス アケボノソウ ツリフネソウ 石の唐戸…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

日野山 2月11日

絶好の山日和となった 山頂に着くと白山連峰が目に飛び込んで来た 駐車場から此れから登る日野山を眺める 水田には氷が張っていた 日野神社に拝礼して出発する 焼餅岩を通り 石の唐戸に着く 昨晩の冷え込みで足元には垂氷が 弁慶の三枚切を通り 室堂に着く 愈々比丘尼ころばしに取り付く 休…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more